【初心者向け】WordPressテーマの選び方とおすすめ有料テーマ5選(2021年最新版)

どうも、たかごんです!

WordPressをダウンロードし、初期設定したけど、テーマ(デザイン)選びに悩んでたりしませんか?

今回は、WordPressのテーマの選び方と初心者の方向けに私がおすすめするWordPressの有料テーマを紹介します。

たかごん
たかごん

今回の記事はこんな方へおすすめです!

  • WordPressテーマはどれが良いのかわからない!
  • 有料テーマのメリット、デメリットを知りたい!
  • ズバリ!どのテーマが良いのか教えて欲しい!

私も最初は「無料テーマが良いのか?」「有料テーマが良いのか?」と種類が多くて迷ったりしました。現在、WordPressには公式にと登録されたテーマは7,000種類以上あるそうです。

初心者がその中からテーマを選ぶのはひと苦労です。しかもそのテーマでブログの初心者向けはほとんどありません。

今回は、ブログ初心者の方向けにテーマの選び方や有料テーマのメリット・デメリット、そして私がおすすめする有料テーマを5つ紹介します。

ズバリ!言います!あなたが収益を目的であれば迷わず有料テーマで始めましょう!

では、よろしくお願いします!

WordPressのテーマ選びのポイント5つ

まずは、初心者の方がWordPressのテーマを選ぶときに重要なポイントを5つを紹介します。

その5つポイントはこちらです。

  • デザイン性
  • マニュアルとサポート
  • 機能
  • SEO対策
  • スマホ対応(レスポンシブ対応)

では、それぞれを説明していきます。

デザイン性

デザインとは、見た目のことです。やはり見た目は重要です。

各テーマのデモサイトプレビューなどを見て自分のフィーリングに合ったものを選びましょう。

特にデモサイトを必ず見るようにしましょう!

マニュアルとサポート

テーマを選ぶとき、「マニュアルの有無」と「サポートの有無」は必ずチェックしておきましょう。

ブログを構築したり、記事を書き始めるとやはり最初は迷ったり、困ったりすることがあります。

そんな時にやはり、マニュアルがあれば確認することができ、サポートがしっかりしていると問い合わせをすることが出来ます。

特に必ずマニュアルがあるものを選びましょう!

あと、おすすめとしてはテーマ名で検索したときに使い方やカスタマイズ例などが豊富に出てくるものを選んだ方が良いでしょう。

検索して色々と出てくるということは人気が高く、使い勝手が良いと判断できます。

機能

機能はテーマによって特色があります。

その中でのポイントとしては、ブログサイト構築時に「便利そうな機能」を選んだり、その他にも「カスタマイズに使いたい機能」などがあるかを確認しましょう。

あとは、記事を書いていく時にカスタマイズ機能があったり、ショートコードで入力を時短できるような機能がある方がなお良いでしょう。

有料テーマでは機能の種類が多くあり、無料テーマと比べると色々とできます。

SEO対策

現在、有料テーマではSEO対策をしているテーマがほとんどです。

もし対策されているのかわからない時は「SEO内部対策」を行っているテーマを検索して確認をしてください。

プラグインの導入やカスタマイズすることで速度を向上させたり、SEO対策をすることもできますが、もともとテーマにその工夫がされていると時間短縮にもなります。

なるべくSEO対策がされているものを選びましょう。

スマホ対応(レスポンシブ対応)

今、ブログの閲覧はPCよりスマホで見られることが多くなっています。そのため、スマホ対応は必須です。

現在では、多くのテーマがスマホ対応をしています。

そして、Googleの推進しているAMP(Accelerated Mobile Pages)という、モバイル端末に特化した仕組みに対応しているようがなお良いです。

もし、分からなければ「テーマ名 AMP」でネット検索しましょう。

以上で初心者の方がWordPressのテーマを選ぶときに重要なポイントを説明してきました。

テーマを選ぶときに1つ1つチェックしながら確認してみてください。

有料テーマのメリット・デメリット

次に有料テーマのメリットとデメリットを紹介します。

有料テーマならではのメリットデメリットをきちんと把握し、「無料テーマにするのか?」「有料テーマにするのか?」を判断しましょう。

有料テーマのメリット

まずは有料テーマのメリットは下記の3点です。

  • カスタマイズが簡単
  • SEO対策がされている
  • サポートがしっかりしている

では、それぞれを説明します。

カスタマイズが簡単

WordPressの有料テーマは、無料テーマと比べると管理画面の機能や項目が充実しています。

しかも、HTMLやCSSといった専門知識がなくても、細かなところまでカスタマイズできるような設計になっています。

そのため、初心者の方でもあまり迷うことなくサイトを構築することができるでしょう。

SEO対策がされている

WordPressの無料テーマでもSEO対策をしているテーマはありますが、そのコードを見てみると少しコード整理が必要な内容となっています。

一方、有料テーマではその点はしっかりしていてコードを再構築することはありません。

この後、おすすめするテーマもSEO対策がバッチリできているテーマを紹介させていただきます。

サポートがしっかりしている

初心者の方はこのサポートがしっかりしているかを調べてからテーマを購入することをおすすめします。

もし、そのテーマのホームページを調べて分からなければ、「テーマ名 サポート」と検索してください。

有料テーマは利用者が多いので検索をするとある程度の情報を収集することができます。

有料テーマのデメリット

次に有料テーマのデメリットは下記の2点です。

  • 費用がかかる
  • テーマ自体が被る可能性がある

では、それぞれを説明します。

費用がかかる

デメリットととして、強いて上げるなら初期費用がかかるという点でしょうか?

しかし、無料テーマをインストールしてカスタマイズし構築して、ブログを運用するのと比べて、その費用対効果を考えると断然、有料テーマの方がお買い得です。

テーマ自体が被る可能性がある

あとは、利用するテーマが被る場合があります。

特に同じジャンルでのサイトを構築すると似た感じに仕上がったりします。このように被るのはやっぱり嫌ですよね。

やっぱり被るのが嫌だという方は、カスタマイズ方法を検索したりしてチェレンジしてみてください。

おすすめ有料テーマ5選

それでは、いよいよブログ初心者の方におすすめできる有料テーマを5つ紹介します。

これから紹介するテーマは先ほど説明したポイントをクリアしているものを選んでいます。

あなたがもし有料テーマ選びで悩むのなら下記の中から選んでみてください。

STORK19(ストーク19):11,000円

出典:STORK19 (ストーク19)

STORK19は、ブログマーケッターのJUNICHI氏が監修し、OPENCAGE(オープンケージ)が制作したテーマです。

特徴としては、記事の装飾用ショートコードモバイル含めたデザインカスタマイズ機能が多くあり、ウィジェットも充実しています。

Googleアドセンスの広告が効果的に配置できるような機能なども揃っていて、使いやすさやデザイン性に優れています。

サポート面では、OPENCAGEの公式サイト内に使い方など丁寧に説明されており、また、購入後は無料でメールサポートもあるので初心者でも安心して使えるでしょう。

ただ、1つ注意点があります。それは、STORK19は1テーマ購入で1つのサイトだけしか利用できない点です。まぁ、ブログ運用だけだと1つだけなのであまり問題はないです。

使いやすさ5 out of 5 stars (5 / 5)
デザイン性4 out of 5 stars (4 / 5)
機能性4 out of 5 stars (4 / 5)
サポート体制4 out of 5 stars (4 / 5)
コストパフォーマンス3 out of 5 stars (3 / 5)

THE THOR(ザ・トール):14,800円

出典:抜群に上位表示されやすい WP テーマ 【ザ・トール】

THE THOR(ザ・トール)は、美しく・おしゃれで・洗練されたデザイナーズサイトが簡単に構築することができます。

また、徹底的な内部SEO対策が施されているため、検索上位を狙い、稼ぎたいという考えの方にはTHE THOR(ザ・トール)をおすすめします。

また、THE THOR(ザ・トール)は1つのテーマを購入すればそれを複数のサイトで使用することが可能です。

使いやすさ5 out of 5 stars (5 / 5)
デザイン性5 out of 5 stars (5 / 5)
機能性4 out of 5 stars (4 / 5)
サポート体制4 out of 5 stars (4 / 5)
コストパフォーマンス5 out of 5 stars (5 / 5)

SANGO(サンゴ):11,000円

出典:SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)は、他にはあまりない優しい雰囲気のサイト作りにピッタリなテーマです。本サイトもSANGOを使用しています。

SANGOの特徴としては、インストールした時点から100種類以上のデザインパーツなどを収録されていてカスタマイズがしやすいです。

また、サポート面もしっかりしていますし、公式サイトにもオシャレなカスタマイズ例やショートコードなどが詳しく丁寧に学べます

サイトの雰囲気を優しくしたい方は超おすすめです!

使いやすさ5 out of 5 stars (5 / 5)
デザイン性5 out of 5 stars (5 / 5)
機能性4 out of 5 stars (4 / 5)
サポート体制5 out of 5 stars (5 / 5)
コストパフォーマンス5 out of 5 stars (5 / 5)

DIVER(ダイバー):12,980円

出典:DIVER(ダイバー)

DIVER(ダイバー)は、ブログ構築で使用できるデザインパーツが数多く備わっていて、デザイン性にこだわる方にはおすすめです。

専門的なCSSやHTMLを知らない人でも初期で用意されている機能を選択するだけで構築できます。

また、リッチスニペットに対応しており、検索結果で自サイトを目立たせるため、検索結果での遷移率を高めることができます。

ただ、他のサイトに比べるとサポート面が弱いというところが少し気になります。

しかし、その面をカバーするだけの機能はあるので上記で紹介してきたサイトと比べるとするとプラマイゼロといったところでしょうか。

使いやすさ4 out of 5 stars (4 / 5)
デザイン性5 out of 5 stars (5 / 5)
機能性4 out of 5 stars (4 / 5)
サポート体制4 out of 5 stars (4 / 5)
コストパフォーマンス4 out of 5 stars (4 / 5)

WING(AFFINGER5):14,800円

出典:WING(AFFINGER5)

WING(AFFINGER5)は、稼ぐことに特化したテーマとして有名です。

SEOに強い面から某タレントのブログや学校法人サイト、大手企業サイトでも使用されています。

初心者の方でもWEBデザインの知識がなくても構築が可能です。

AFFINGER5もサポート面では上記で紹介したテーマより弱いためコストパフォーマンスを低くしています。

使いやすさ4 out of 5 stars (4 / 5)
デザイン性5 out of 5 stars (5 / 5)
機能性5 out of 5 stars (5 / 5)
サポート体制3 out of 5 stars (3 / 5)
コストパフォーマンス3 out of 5 stars (3 / 5)

まとめ

今回は、初心者の方向けにWordPressテーマの選び方と有料テーマのメリット、デメリットを説明し、私がおすすめする有料テーマを紹介させていただきました。

これでテーマを何を基準にテーマを選べば良いのか?また、有料テーマのメリット、デメリットをご理解いただけたのではないでしょうか?

あとは、今回ご紹介したポイントを確認しながら、あなた好みのテーマを見つけましょう!

無料テーマも気になる方は下記の記事も読んでみてください。参考になれば幸いです。

もし、ブログ運用でお困りであれば、TwitterのDMで私(@activetakagon)までご連絡いただければ、ご相談に応じます。お気軽に声を書けてください。

また、よろしければTwitterなどのSNSで拡散していただけると一層、励みになりますのでよろしくお願いします。

では、BlogLifeを楽しみましょう!